第十一回 うだつがあがらない

【うだつがあがらない】

出世したり、地位が上がらないこと。

また、金銭面や良い環境に恵まれないこと。

ぱっとしないこと。

見栄えがしないこと。

———————————————————

【使用例】

うだつの上がらない生活が長く続いている。

———————————————————

 

うだつって一体何・・・と思ったところから

取り上げてみましたこの慣用句。

 

 

調べてみたところ、 時代によって

柱であったり、防火壁であったり

果ては飾りになったりして

変幻自在な正体ですが

 

日本家屋に取り付けられるものだという事は明らかになりました。

 

それぞれ取り上げてみます。

 

 

1室町時代

【小柱としての“うだつ”】

柱の上にある屋根を支える横木の梁と

屋根の骨組みの一番高いところに使う棟木。

その間に立てるのが“うだつ”なんだそうです。

本来は、この柱を指すのが一般的だとか。

 

2安土桃山時代

【防火壁としての“うだつ”】

切妻屋根の隣家との間に取り付ける 防火壁の事を指す。

 

3江戸時代

【装飾としての“うだつ”】

自己の財力を示す手段としてのうだつ。

 

うだつを上げるには それなりの費用がかかった様です。

この“うだつ”がある家は立派だという 証拠に、

昔の人がこぞって立てたという・・・。

目に見える裕福さの証だったようですね。

 

 

そこから転じて

うだつが上がらないとは

出世したり、地位が上がらないこと。

金銭面や良い環境に恵まれないこと。

の意味になったそうです。

 

 

画像を検索して初めて うだつを認識することができました。

あれがうだつだったんですね。

 

近年日本家屋や武家屋敷など 一部をのぞいて

街中では あまり見受けられなくなっていますが、

昔からその土地にある家屋は 先人の知恵の塊ですから、

今後、機会があれば学んでみたいところです。

 

 

今回の件に関して言えば、

徳島県の美馬市や岐阜県の美濃市などで

うだつのある街並みを保存する 取り組みがなされているようですね。

 

 

検索して画像を見るだけでも

美しいのにいわんや実物をや。

 

こちらも、機会があれば・・・

是非足を運んで見てみたいものです。

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

ゲーム