第七回 ためつすがめつ

【矯(た)めつ眇(すが)めつ】

———————————————————

・物事を様々な角度からよくよく見る様。

———————————————————

【類義語】    矯めつ歪めつ・矯めつ透かしつ

———————————————————

【使用例】    矯めつ眇めつ見聞する。

———————————————————

 

前回の更新からだいぶ時間が過ぎてしまいました。

・・・ごめんなさい。

 

今回選出した言葉、 お使いになったことがあるでしょうか?

 

個人的には使える場面が

多々ある 言葉だと思うのですが、

誰かが使っている所を見たことがないです。

こはいかに?

認知度が低い言葉なのでしょうか。

 

 

矯(た)めつ眇(すが)めつ

矯む、とは じっと見つめて狙いを定める事。

反対に 眇つは目を細めて

ものをよく見ようとする 動作のことです。

 

目をフルに活用しながら

品定めをしている様子が 想像できることと思います。

そんな様子を表した慣用句です。

 

同義語に挙げた

・矯めつ歪めつ

・矯めつ透かしつ

 

こちらも意味はほぼ同じで

鑑賞する物体を手にとりよくよく見る様のことです。

 

いかがでしょうか?

 

意味を理解したら 日常的に使うチャンスは意外とあると思います。

是非、使ってみてください。

 

曾てないシンプルさで第七回を終わります。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

ゲーム