第六回 せいさいをはなつ

【精(生)彩を放つ】

・目立って優れた点が現れること。

・生き生きとした様が現れること。

———————————————————

【類義語】

いきいきとした・冴えた・優れた・傑出

———————————————————

【使用例】

一際精彩を放つ活躍。

———————————————————

 

 

何気なく使っていた言葉ですが

精彩とは“放つ”ものなんですね。

 

異彩を放つ

異臭を放つ

一声を放つ

 

などなど、“放つ”とは 外に向かって

光、音、匂い、声を出す事。

または、世の中に物事を発表するという 意味があります。

放つという言葉。

 

この“つ”が

いかにも日本語という響きがあって

個人的には好きです。

 

【精彩】とは

 

“生彩”とも書き、生き生きした様子。

美しいいろどり、鮮やかなつやを指す言葉です。

美しい単語ですね。

 

日本の彩りについて考えるとき、

この言葉を思い浮かべるとき、

よく連想するのは

赤い椿が地に落ちる様子です。

 

 

思うところは色々あるでしょうが

まず、想像してください。

 

 

冬の世界です。

注目するのは地面です。

灰色がかってくすんだ色彩。

黒々とした土。

かなり前に落ちて雨や土にさらされ、

色を失った落ち葉。

雪が降っていれば尚のこと、

静かな景色です。

 

そこにどこからともなく

(勿論上からですが)

 

明るい椿の花が一輪だけ

は・・・と落ちてくる。

 

その瞬間。

 

・・・イメージいただけたでしょうか?

 

椿が落ちる=不吉や、

お住まいが豪雪地帯で雪が降ったら

椿をみてるどころじゃない。

もしくは 椿は『ボトッ』と落ちるもので

決して『は・・・』とは落ちてこない。

などのご意見も多々あると思いますが、

あくまで個人のイメージです。

あしからず。

 

 

話が脱線しました。

『精彩を放つ』

反対に、

ぱっとしないこと、 さえない様子の事を

『精彩を欠く』といいます。

 

ご存じない方は是非 あわせて覚えてください。

 

 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

ゲーム