第十八回 ひとはだをぬぐ

【一肌を脱ぐ】
・相手のために本気になって力を貸す事。

———————————————————
【類義語】
・一肩脱ぐ

———————————————————
【英語表現】
・To stretch a helping hand
・to give (one) a lift
・Lend a helping hand

———————————————————
【使用例】
困ってる人のために一肌脱ぐ。

———————————————————
一肌を脱ぐ
この慣用句、割と知名度は高いのですが、
意味を知っていても、冷静に文字のみを
見てみると大事件が起きています。

 

 

脱ぐの?肌を?
肌を脱いだらその下はつまり骸骨!

そんな馬鹿な・・・
いやいやそこまで本気出されても・・・
と思ったことはありませんか?

 

 

そんな方が自分以外に
存在するのか検討もつきませんが
解説していこうと思います。

 

 
さて、
一肌とは着物の袖のこと。
この言葉、時代劇などではよく使われますね。
元々は男性が使う言葉です。

 

 

 

着物は見た目通り動きにくいので
何か大仕事や肉体労働をするときは
片方の袖を脱いで作業をしていました。

 

 

そこから、
人に対して手を貸してあげる時の
表現として定着したのですね。

 

 

 

類義語に挙げた
『一肩脱ぐ 』も同じ意味ですが、
メジャーなのは『一肌脱ぐ』ですね。

 

 
あんたのために一肌脱ごう!
日本特有のいいまわし、
粋で人情味のあるいい言葉ですね。

 

 

 

昨年の・・・5月頃?の話ですが
地元の駅で紙を握り締め
明らかに道に迷っている外人男性と
目が合いました。

 

 

反射的にニコッと笑顔を浮かべましたが
内心、英語で話しかけられたらどうしよう
と軽くパニック。
案の定。

 

 

「Can you speak English?」
「いいえ、でも紙を見てもいいですか?(日本語)」

 

 

我ながらひどい。
彼が握りしめていた紙を見てみると
漢字で駅名が書いてありました。
よかった!これなら案内できる!

 

 

安堵しながら駅名を調べてみたところ
JRではなく路面電車の駅だということが判明!
成程、迷うわけです。

 

 

しかし!
英語は喋れない!
どうする!

 

 

ふと見上げると不安そうな外人男性。
仮にトーマスと呼びます。

 

 

とりあえずのミッションは
このお使いの最中に道に迷って
落ち込んでいる大型犬の様なトーマスを
駅から連れ出し徒歩2分の
路面電車の乗り場に連れていくこと。

 

 

以下はジェスチャーですので
思い思いの身振り手振りを思い浮かべてください。
推定約2mのトーマスと

身長160cm前後の日本人のパントマイムです。

 

 

管理人   『大丈夫。こっちだよ。』
トーマス『え!分かったの?』
管理人  『そうだよ。』
トーマス『そうかよかった。』
管理人  『行こうか。』

トーマス『あれ?駅出ちゃうよ?』
管理人  『駅を出るよ。』
トーマス『でも駅ここだよね?』

 

 
・・・困りました『路面電車』

 

 

この英単語が出てきません。
トーマスも不安そうにしています。
そして、自分の口から飛び出た
英単語は・・・

 

 
「ロ、ローカルトレイン!」
「0h! Local train OK!」

 

 

これは酷い。
数分後に気づいたのですが
ローカルトレインその意味は各駅停車・・・。
路面電車の正解は Streetcar ですね。
そのままじゃないか!
何故この単語が出てこなかった!
もどかしい!

 

 

 

トーマス全然OKじゃないよ・・・。
ごめんよトーマス。
ある意味で路面電車は各駅停車ですから
間違ってはいませんが・・・あんまりな英語力。

 

 

その後、不安がるトーマスを連れて
なんとか路面電車の乗り場を
目視できる場所まで行きました。
その時のトーマスの顔は忘れられません。
まさに飼い主を発見した迷い犬の表情でした。

 

 
『そうだよ!僕はこの電車を探してたんだ!
不安だったけどついて来てよかった!
こっからは自分でいけるよ、ありがとう!』
みたいな顔とジェスチャーをしてました。

 

 
「Thank you!」
「では良い旅を(日本語)」

 

 
と笑顔で別れました。
めでたしめでたし。

 

 

格好良さも粋っぽさも微塵もありませんが。
以上。
他人のために自分が一肌脱いだお話でした。

 

 

さて、このように
英語力が壊滅的にできない自分ですが
海外からおこしの皆様のコメントは
ありがたく拝読させていただいています。
その感謝をここで述べさせていただきます。

 

 

いつもありがとうございます。
では次回!

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

ゲーム