第十三回 しゅつらんのほまれ

【出藍の誉れ】
弟子が師匠よりも優れたものになる様。

———————————————————
【類義語】
青は藍より出でて藍より青し
氷は水より出でて水より寒し

———————————————————
【使用例】
出藍の誉れ高い弟子

———————————————————

今回取り上げたのは、
性悪説を唱えた荀子の言葉です。

 

 

有名なのは
「青は藍より出でて藍より青し」
の方ですかね。

 

 

意味は出藍の誉れと全く同じです。
ここで取り上げられている藍は
色のことではなく原材料の植物の事。

 

 

日本ではタデアイという植物から
青い染料を取り出します。

 

 

タデは植物なのでもちろん色は緑です。

 

 

それを摘んでミキサーにかけて、
不純物を取り除くため濾します。
するとまさに青汁のような液体ができます。
それに灰や酒、小麦粉の糖である”ふすま”を
加え醗酵させると染料になり、
青い色が取れるのだそうです。

 

 

転じて、
弟子が師匠よりも優れたものになる様。
を指します。

 

 

脱線しますがタデと言う植物は
大変苦く、動物も好んでは
食べない植物らしいです。

 

 

しかし、そんな植物も
好んで食べる虫も、中にはいる。
と言う喩えから
『蓼(タデ)喰う虫も好き好き』
という『変わり者』を指す言葉が生まれました。

 

 

さて、
類義語にあげている。
“氷は水より出でて水より寒し”
ですが、

 

 

氷という物質は水から生成されますが
水よりも寒い(冷たい)

 

 

・・・という例えが違うだけで
意味は同じです。

 

 

転じて、出藍の誉れと同様に、
師匠や親から出たものではあるが、
それより弟子や子供が優れている事を指します。

 

 

海外よりお越しの皆様のため
英語での訳を載せておきます。

 

 

Although blue dye comes from the indigo plant,
it is bluer than indigo,
The student has overcome the master (from whom he has learned)

“青は藍より出でて藍より青し”

 

 

いい褒め言葉ですね。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

ゲーム