第十八回 ひとはだをぬぐ

【一肌を脱ぐ】
・相手のために本気になって力を貸す事。

———————————————————
【類義語】
・一肩脱ぐ

———————————————————
【英語表現】
・To stretch a helping hand
・to give (one) a lift
・Lend a helping hand

———————————————————
【使用例】
困ってる人のために一肌脱ぐ。

———————————————————
一肌を脱ぐ
この慣用句、割と知名度は高いのですが、
意味を知っていても、冷静に文字のみを
見てみると大事件が起きています。

 

 

脱ぐの?肌を?
肌を脱いだらその下はつまり骸骨!

そんな馬鹿な・・・
いやいやそこまで本気出されても・・・
と思ったことはありませんか?

 

 

そんな方が自分以外に
存在するのか検討もつきませんが
解説していこうと思います。

 

 
さて、
一肌とは着物の袖のこと。
この言葉、時代劇などではよく使われますね。
元々は男性が使う言葉です。

 

 

 

着物は見た目通り動きにくいので
何か大仕事や肉体労働をするときは
片方の袖を脱いで作業をしていました。

 

 

そこから、
人に対して手を貸してあげる時の
表現として定着したのですね。

 

 

 

類義語に挙げた
『一肩脱ぐ 』も同じ意味ですが、
メジャーなのは『一肌脱ぐ』ですね。

 

 
あんたのために一肌脱ごう!
日本特有のいいまわし、
粋で人情味のあるいい言葉ですね。

 

 

 

昨年の・・・5月頃?の話ですが
地元の駅で紙を握り締め
明らかに道に迷っている外人男性と
目が合いました。

 

 

反射的にニコッと笑顔を浮かべましたが
内心、英語で話しかけられたらどうしよう
と軽くパニック。
案の定。

 

 

「Can you speak English?」
「いいえ、でも紙を見てもいいですか?(日本語)」

 

 

我ながらひどい。
彼が握りしめていた紙を見てみると
漢字で駅名が書いてありました。
よかった!これなら案内できる!

 

 

安堵しながら駅名を調べてみたところ
JRではなく路面電車の駅だということが判明!
成程、迷うわけです。

 

 

しかし!
英語は喋れない!
どうする!

 

 

ふと見上げると不安そうな外人男性。
仮にトーマスと呼びます。

 

 

とりあえずのミッションは
このお使いの最中に道に迷って
落ち込んでいる大型犬の様なトーマスを
駅から連れ出し徒歩2分の
路面電車の乗り場に連れていくこと。

 

 

以下はジェスチャーですので
思い思いの身振り手振りを思い浮かべてください。
推定約2mのトーマスと

身長160cm前後の日本人のパントマイムです。

 

 

管理人   『大丈夫。こっちだよ。』
トーマス『え!分かったの?』
管理人  『そうだよ。』
トーマス『そうかよかった。』
管理人  『行こうか。』

トーマス『あれ?駅出ちゃうよ?』
管理人  『駅を出るよ。』
トーマス『でも駅ここだよね?』

 

 
・・・困りました『路面電車』

 

 

この英単語が出てきません。
トーマスも不安そうにしています。
そして、自分の口から飛び出た
英単語は・・・

 

 
「ロ、ローカルトレイン!」
「0h! Local train OK!」

 

 

これは酷い。
数分後に気づいたのですが
ローカルトレインその意味は各駅停車・・・。
路面電車の正解は Streetcar ですね。
そのままじゃないか!
何故この単語が出てこなかった!
もどかしい!

 

 

 

トーマス全然OKじゃないよ・・・。
ごめんよトーマス。
ある意味で路面電車は各駅停車ですから
間違ってはいませんが・・・あんまりな英語力。

 

 

その後、不安がるトーマスを連れて
なんとか路面電車の乗り場を
目視できる場所まで行きました。
その時のトーマスの顔は忘れられません。
まさに飼い主を発見した迷い犬の表情でした。

 

 
『そうだよ!僕はこの電車を探してたんだ!
不安だったけどついて来てよかった!
こっからは自分でいけるよ、ありがとう!』
みたいな顔とジェスチャーをしてました。

 

 
「Thank you!」
「では良い旅を(日本語)」

 

 
と笑顔で別れました。
めでたしめでたし。

 

 

格好良さも粋っぽさも微塵もありませんが。
以上。
他人のために自分が一肌脱いだお話でした。

 

 

さて、このように
英語力が壊滅的にできない自分ですが
海外からおこしの皆様のコメントは
ありがたく拝読させていただいています。
その感謝をここで述べさせていただきます。

 

 

いつもありがとうございます。
では次回!

第十七回 きがおけない

【気が置けない】
・気を使うことなく、気楽につきあえる事。また、そのような間柄。
・遠慮したり気をつかったりする必要がないこと。

———————————————————————————————-
【類義語】
・気の許せる
・気心の知れた

———————————————————————————————-
【英語表現】
・easy to get on with
・affable
———————————————————————————————-
【使用例】
気が置けない友人を持って幸せだ。

———————————————————————————————-

 

『気が置けない』ですが
意味を勘違いされる事が多いですね。

そのまま読むと
気持ちが、置けない訳ですから
警戒している様な印象を受ける言葉ですよね。

 

 

意味は真逆です。
気が置けないとは
『気を使うことなく、気楽につきあえる様。』
をさす言葉です。

 

 

今回はこの言葉の矛盾を紐解いていきましょう。

ポイントは2つです。

 

 

①『置けない』をどのように解釈するか?

置けないという言葉を
『置く事ができない』という『可能』の意味で取ると、
気持ちを置くことができない意味となります。

 

 

そこから油断ができないという意味に
間違えてとられがちなのですね。

 
ここでは置けないを『自発』のニュアンスで捉えるのが正解。
特に意識しなくてもしてしまう。

つまり、『置こうとしなくても置いてしまう』
という意味になるのです。

 
②『気を置く』という表現に注目する!
ここでいう『気』とは油断や緊張をする
という意味ではなく
『気を使う』『遠慮をする』という意味の気。

 

 

この2つを掛け合わせて
気が置ける=気を使おうとしなくても気を使ってしまう
ということ。

 
転じて『気が置けない』とは
気を使おうとしても気を使ってしまう。事が無い!
つまり『気楽に付き合える』
という意味になるのです。

 

 

 

個人的には説明しきった気分で
自己満足状態ですが
この説明でお分かり頂けたでしょうか?

 

 

英語表現では単語で表す事ができますね。

 

 

『気が置けない』は、
日本特有の遠まわしな意味の表し方ですし、
あんまり頻繁に使う表現ではないで、
初めて聞いた方は混乱するでしょうね。

 

 

稀にこういう言い回しがあるから
会話がすれ違うことがありますよね。
日本語ってもどかしいです。

 

 

しかしながら
気の置けない友人や家族とは
人生において大変ありがたいものです。

 
そういえば本当に個人的な話ですが
今日は母の誕生日で丁度
還暦(60歳)を迎えます。
時が経つのは早いもんですね。

 

 

誕生日に限らず、
気のおける人には日々謙虚に、
わかりやすい方法で
感謝の気持ちを表したいですね。

 

 

何かいい話的なオチがつきましたので

今回はこの辺で。ではまた次回。

第十五回 いちじがばんじ

【一事が万事】
・ひとつの行動でその人物を推し量ることができること
・ひとつのことから、ほかの全てがわかること。
—————————————————————————
【類義語】
・一事を以て万端を知る
・一を以て万を知る
・一事成れば万事成る

—————————————————————————
【英語表現】
a single instance indicates what happens all the time.
one case gives you an idea of what always happens.

—————————————————————————
【使用例】
人の行動には一事が万事その人の人格がでる。

—————————————————————————

 

 

この慣用句、一事が万事。
『一事』が正解です。
『一時』は間違いです。

 

 

テストに出るかどうか分かりませんが
どうぞお違いのないように。

 
この一事が万事という言葉、
一般的にはあまりよくない場面をみて、
他の面でも良くないだろう・・・。

という使われ方をすることが多いですね。

 

 

しかしながら、
かならずしもマイナスなイメージのみを
指して使う言葉ではありません。

 

 

あくまで、ひとつの事柄から
察するにほかの事柄もその調子になるだろう。
という意味です。

 

 

 

類義語に載せている
・一事を以て万端を知る
・一を以て万を知る
・一事成れば万事成る
なども
言い回しが違うだけで
意味は同じですね。

 

 

 

日本ではオープンに
他人への評価を口に出すことは稀です。
褒める時も、叱る時もです。

 
そして行動や言動で
その人物の人格や能力を図る際、
この『一事が万事』のものさしは使われがちです。

 

 

つまり、何が言いたいかというと

 

 
日本ではひとつの行動、言動から『この人はこういう人だ』
という評価を下される事が多々ありますよ。

 

 

という話です。
気が抜けないったらありゃしない。

 

 

さて、
『一事が万事』の反対の意味として
『木を見て森を見ず』
という言葉もありますので
少しこちらも言及しておきたいと思います。

 

 

【木を見て森を見ず】
一本一本の木に気を取られて森全体を見ないことから転じて、
”ひとつの物事に気を取られて全体を見失うこと”を意味します。
~You cannot see the wood for the trees.~
英語表現もそのままですね。

 

 

何はともあれ一事が万事。
人の目を気にして生きるよりは
自分のために『一事』に全力を尽くす。
そうすれば『万事』うまくいく。

 

 
・・・といいのにな。
希望的観測を最後に
第十五回を終わります。

第十四回 らちがあかない

【埒が明かない】
・問題が解決せず結果が出ない事。
・事態が進展しない事。

———————————————————
【類義語】
・足踏みする
・のびのびになる
・足取りが鈍い

———————————————————
【英語表現】
Get nowhere

———————————————————
【使用例】
会議で上司の意見が対立したまま埒が明かない。

———————————————————

 

今回から
英語表現を追加してみました。
果たして需要はあるのだろうか・・・。

 

 

さて、
今回のピックアップ
“埒が明かない”です。

言い回しとしては有名なので
さくさく行きます。

 

 

■ ”らち”って何?
埒(らち)に関する語源などを調べたところ、
色々ありましたが、有力なのはこちらです。

 

 

埒とは加茂の競べ馬の柵の事。
囲い・しきりの事です。

 

 

加茂の競べ馬とは、賀茂神社で行われる
競馬見物のこと。
レースが早く見たいのに、
柵(=らち)があかないため待ちわびた。
とする説に支持が集まっているようです。

 

 

自分にはどうもできない状況で
進展しないもどかしさを感じます。
受動的な言葉ですね。

 

 

反対に『埒が明く』とは
物事に方がつくこと。
進展の目処が立つことを指します。
合わせて覚えておくのもいいかもしれません。

 

 

■類義語について
今回3つ類義語をあげてみました。
今までに比べて大奮発ですね!
個別に解説します。

 

 

●足踏みする
読んで字のごとく。
その場で足踏みをした状態から
前に進まないこと。
物事が停滞する様子。

 

 

●のびのびになる
事の決着がつかず、
延期が続いている様の事。

 

 

●足取りが鈍い
一応、物事は進んではいるが
その様子が芳しくない事。
中々捗らないこと。

 

 

僅かにニュアンスが違いますが
ほぼ意味は一緒。
合わせて覚えておくと
表現の幅が広がります。

 

 

埒が明かない。
できればこんな状況に
陥りたくないものです。

 

 

 

以下、盛大に脱線。

 

埒という漢字で思い出しましたが、
以前、二人連れの外国人の方で
「将軍」という
刺青をしている方を見かけました。

 

 
将軍、英語で”general”とか”shogun”です。
・・・成程。
偏見ですが、
海外の方が好きそうな単語です。
そのほか侍とか忍者とか武士とか好きそうですよね。
・・・偏見ですが。

 

 
こちらの方は問題なかった。
入れた理由もなんとなく
わかります。

 

 
しかしその隣の方の刺青は
「生姜」
日本語の発音はshouga。
奇しくもshogunとshougaで
発音の響きは似ていますが、
英語での意味は”Ginger”
何故その漢字を・・・?

 

 

しばし唖然。

 

 

とはいえ、
他人事ではありません。
日本人の使う謎の英語表現って
いくらでも転がってますよね。
知らず知らず自分も使っていると思います。

 

 

例えば、
『テンションが上がる』
使い方はこうです。

 

 

今日とてもいい事があったので
テンションが上がりっぱなしだ。

 

 
本来テンションて・・・”張る”物ですよね。
あげてどうする?

 

 

ネイティブ唖然。

 

 

日本人の使うハイテンションとは
とても高揚している状態の事。
happy!fun!merry!
多分こういう単語と同義。
緊張して張り詰めている訳ではありません。
あしからず。

 

 
従ってローテンション(テンションが上がらない)
とは、気分が乗らない状況、
いまいちやる気が出ないことを指します。

 

 

 

ややこしいですね。

 

 
何故この表現が
日本で定着してしまったのか・・・。

 

 
考えても埒が明きませんので

今回はここで。

 

では、また次回。

第七回 ためつすがめつ

【矯(た)めつ眇(すが)めつ】

———————————————————

・物事を様々な角度からよくよく見る様。

———————————————————

【類義語】    矯めつ歪めつ・矯めつ透かしつ

———————————————————

【使用例】    矯めつ眇めつ見聞する。

———————————————————

 

前回の更新からだいぶ時間が過ぎてしまいました。

・・・ごめんなさい。

 

今回選出した言葉、 お使いになったことがあるでしょうか?

 

個人的には使える場面が

多々ある 言葉だと思うのですが、

誰かが使っている所を見たことがないです。

こはいかに?

認知度が低い言葉なのでしょうか。

 

 

矯(た)めつ眇(すが)めつ

矯む、とは じっと見つめて狙いを定める事。

反対に 眇つは目を細めて

ものをよく見ようとする 動作のことです。

 

目をフルに活用しながら

品定めをしている様子が 想像できることと思います。

そんな様子を表した慣用句です。

 

同義語に挙げた

・矯めつ歪めつ

・矯めつ透かしつ

 

こちらも意味はほぼ同じで

鑑賞する物体を手にとりよくよく見る様のことです。

 

いかがでしょうか?

 

意味を理解したら 日常的に使うチャンスは意外とあると思います。

是非、使ってみてください。

 

曾てないシンプルさで第七回を終わります。

第六回 せいさいをはなつ

【精(生)彩を放つ】

・目立って優れた点が現れること。

・生き生きとした様が現れること。

———————————————————

【類義語】

いきいきとした・冴えた・優れた・傑出

———————————————————

【使用例】

一際精彩を放つ活躍。

———————————————————

 

 

何気なく使っていた言葉ですが

精彩とは“放つ”ものなんですね。

 

異彩を放つ

異臭を放つ

一声を放つ

 

などなど、“放つ”とは 外に向かって

光、音、匂い、声を出す事。

または、世の中に物事を発表するという 意味があります。

放つという言葉。

 

この“つ”が

いかにも日本語という響きがあって

個人的には好きです。

 

【精彩】とは

 

“生彩”とも書き、生き生きした様子。

美しいいろどり、鮮やかなつやを指す言葉です。

美しい単語ですね。

 

日本の彩りについて考えるとき、

この言葉を思い浮かべるとき、

よく連想するのは

赤い椿が地に落ちる様子です。

 

 

思うところは色々あるでしょうが

まず、想像してください。

 

 

冬の世界です。

注目するのは地面です。

灰色がかってくすんだ色彩。

黒々とした土。

かなり前に落ちて雨や土にさらされ、

色を失った落ち葉。

雪が降っていれば尚のこと、

静かな景色です。

 

そこにどこからともなく

(勿論上からですが)

 

明るい椿の花が一輪だけ

は・・・と落ちてくる。

 

その瞬間。

 

・・・イメージいただけたでしょうか?

 

椿が落ちる=不吉や、

お住まいが豪雪地帯で雪が降ったら

椿をみてるどころじゃない。

もしくは 椿は『ボトッ』と落ちるもので

決して『は・・・』とは落ちてこない。

などのご意見も多々あると思いますが、

あくまで個人のイメージです。

あしからず。

 

 

話が脱線しました。

『精彩を放つ』

反対に、

ぱっとしないこと、 さえない様子の事を

『精彩を欠く』といいます。

 

ご存じない方は是非 あわせて覚えてください。

 

 

第三回 じっぱひとからげ

【十把一絡げ】

様々なものを一つに纏めて扱うこと。

区切りなしにひとまとめに扱うこと。

———————————————————

【使用例】

人の感覚は其々違うので十把一絡げにはできない。

———————————————————

 

調べ途中“十羽ひと唐揚げ”という

素敵に気になる単語も発見しました。

察するに、大食漢の事か腕のいい料理人。

もしくはカーネルさんが店先に立ってるお店のことを

暗喩的に指す単語だと思われます。

 

 

さて、

 

 

十把一絡げの話題です。

似た単語はあったのですがニュアンスが少し異なりますので

今回は同義語を省略させていただきました。

対義語に近いものとしては

『十人十色』や『多種多様』 などの言葉があります。

 

“把”とは束になっているものをさします。

つまり十の束を一つにからげてしまうという事を

語源とした、割と直球な言い回しです。

 

絡げるという言葉。

この単語以外であまり聞いたことがありません。

同義語としては纏める、束ねる、絡める。

などがあげられます。

つまり、大体そういった意味です。

 

 

先日、猫の毛の色で性格を見分ける方法の記事を拝見しました。

調べてみたところ、自宅の猫は総合的に見ると生まれながらに賢く、

穏やかな気性の猫らしいのです。

が、

現実は生後3ヶ月で襖に自分専用の穴を開け

カーテンに駆けのぼり柄と格闘。

おもちゃのぬいぐるみは1週間ともたず無残な姿で廊下に散る有様。

月日は流れ、

七歳になった愛猫の最近のブームは

自らビニール袋に頭を突っ込み しばらくパニクる事です。

 

・・・穏やかさとは・・・一体?

 

人間の性格診断では星座占いや 血液型占いなどがあげられますが、

これらがまさに十把一絡げる行為だと思います。

 

猫でさえこの有様なのにいわんや人をや。

 

世界って広いですね。

第二回 のべつまくなし

【のべつまくなし】

途切れなく、休みなく物事が続く様子。

ひっきりなく続く様。連続して物事が続く様子。

———————————————————

【同義語】

引っきりなく・次から次へと・絶え間なく。

———————————————————

【使用例】

のべつまくなく会話が続く。

———————————————————

 

のべつまくなし。 の“まく“は“幕”から来ており

芝居、舞台などの幕を引かずに演じ続けることが

この言葉の由来になっているようです。

また“のべつ”とは“述べつ”と書きます。

 

“述べ”に“つ”(助動詞)がついたことにより

切れ間なく続く様を表しているので

同じ意味の単語を重ねた言葉なのですね。

 

余談ですが調べたところ誤用が多い言葉らしく

間違いで多かったのは

 

のべつ暇(ひま)なく。と、のべつ隈(くま)なく。

 

のべつ暇なくは、間違いにしても“暇がない”

転じて暇なく物事を続ける事と解釈できるので

言いたい意味はよくわかります。

 

“隈(くま)”の方がなぜ間違うのか? と

疑問を深めたのですが、発音的には

まくとくま・・・

成程、大変よく似ています。

さらには『隈なく探す』という言葉から

休みなく探す事につなげて 間違って覚えてしまったのではないか?

という説もあるようです。

 

ここまで来ると個人的には

よく考えたでしょう!

と、○をあげたいところなのですが、

日本語の問題では完全に×のようです。

 

演劇中、幕を引かず続けるという

はっきりとした由来がわかれば

『のべつ幕なし』という漢字が当てはまり

間違うことはなくなりますね。

 

・・・きっと。

 

 

第一回 にべもなく

 

【 にべもなく 】

愛想がない。思いやりがない。とりつきようがない。
そっけない。という意味。

———————————————————

【 同義語 】

そっけなく・けんもほろろに・すげなく

いずれも、愛想ない態度のことをさします。

———————————————————

【 使用例 】

にべもなく断る。

———————————————————

 

普段何気なく使っていたこの言葉。
ある日ふと思いました。

 

“にべ”とは一体なんぞや?
そういう経緯があり調べてみました。
この言葉にべもなく。

 

結論から言うと
にべとは魚から作った膠のことでした。
にべという魚の浮き袋を煮て膠をつくりました。
その膠の名前もニベといったそうです。

 

にべ=膠だったようです。

 

膠(にかわ)とは元々、煮皮と書き、
動物の皮からとった接着剤のことです。
今でも固形のものが日本画や楽器などに使われています。

 

学生時代の日本画の授業で初めてお目にかかりました。
膠で53cm×45cmのパネルに銀箔を貼り付ける作業です。
対する銀箔は15cm×15cmサイズで1枚600円
高い!いや案外安い?
逡巡しつつ慎重に慎重に貼り付けた結果、
小指がターミネーターになりました。

 

ともかくその粘着力たるや・・・という代物です。
その粘着力の強さから人とのつながりの
比喩に使われるようになったというのが語源だそうです。

 

また、にべもないの強調した言い回しとしては

 

『にべもしゃりもない』

 

と言うものがあるらしいです。
こちらは使ったことも使っている人も見た事無いのですが
ねばりけも、しゃりしゃりした所もない
という手応えのなさを表現しているそうです。

 

こちらは使うタイミングがあるのかないのか
怪しい単語ですが知ってて損はありません。
大変勉強になりました。

 

しかし第一回目にして
この単語のチョイスはいかがなものだろうか?
という、にべもない感想を持つ自分もいます。

 

プロフィール

自分の語彙を増やしつつ、文章を書いています。気が向いたらどうぞ。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ページの先頭へ

ゲーム